ウェーディング

2019/8/4_用事がてら中部に遠征_そしてタマンHIT!

本島中部でウェーディング

この日は中部に行く予定が別途あったので、そのついでに 本島中部でウェーディング をすることに。

以前からずっとウェーディングをしてみたかった海へ行って来ました。

入水し、進みながらSSMをキャスト。

干潮までは時間があるのでゆっくり探っていきます。

この日も爆風

この日も爆風が吹いたりやんだり、そしてたびたび結構なスコール!

この時も背後からもの凄い勢いで雨雲が迫り薄暗くなったと思ったら、爆風が吹き強めのスコールが降り始めました。

雷は鳴らないし暑くて気持ち良かったのもあり、そのままキャストしながら進みリトリーブしていると・・

ルアーがすぐ目の前にきたそのとき・・!

ガン・・!!

ザッバーン!!

急に5060cmのタマンがルアーを襲ってきて反転!!

水面爆発!

もの凄い勢いで綱引き状態!

ガンガン引っ張られる!

ロッドは半分ノされて全然立てることが出来ない!!

そして・・

・・2~3秒くらいは耐えましたがあえなくフックオフ・!

・・ドラグをゆるゆるにしてればフックオフは免れたかもしれませんが・・走られても鉄杭があるし・・究極の選択ですねー・・。

でも・・、こんなところであんなデカいタマンが食って来るとは・・。

雨雲で薄暗く、水中が見えずらかったので近くまでタマンが来ていることに気がつきませんでした。

「しかしながら・・この海のポテンシャルはとにかく半端ない・・!」

そんなことを考えながらちょっとびびったのでドラグを少し緩めて捜索を再開します。

時間は再干潮付近に

それからもタマンが居そうなエリアを見定めてさらに探ります。

個人的に思うタマンが居るであろうエリアまではルアーがぎりぎり届かないのですが、しばらく探していると思ったようなエリアにルアーが届く場所を発見・・!

丁寧に探るもアタリはなく・・、時間はすっかり干潮間近。

やっぱりそう簡単には居ないかー・・。

そんなことを思っているといきなり・・

ガン・・!

ギギギ・・!

・・来た・・!

ギィィィーーーーーーーーーーーー!!

・・ゆるめていたこともあり、だいぶドラグも出されて結構暴れられてしまう・・!

この引きは間違いなくタマン!

これは絶対に獲りたいので慎重にやりとりして残り20mぐらいまで寄せてきましたが・・

・・しかしここで根に張り付かれてしまう・・。

5〜10分格闘するも出てこない・・。

ほんの気持ち緩めてみると・・

ズズ・・!

・・動いた!

一気に剥がす!!

すると・・やっと獲れましたが・・!

・・引きの感じよりぜんぜん小さい・・!

40UPとまではいかず、37cm程のタマンでした。

最初の獲物でびびってドラグを少し緩めてしまったことが苦戦の原因ですねー。

しかしながら活性の高いタマンはこのサイズでもすごいパワーでした。

HITルアーは最初の大きなタマンも含めてスライドスイムミノーの廃盤カラーでピンクのホロタイプ。

さらなる大物を求めて探る

タマンの居場所がわかったので、さらなる大物を求めて同じ場所を丁寧に探ります。

その後も何回かキャストして探るも反応なし。

よし、移動するかなー とリトリーブスピードを上げて回収していると・・

うわっ・・!

デカいタマンがすぐそばまで追ってきていた・・!!

・・まさにこの写真のような60cmぐらいのやつが追ってきてました・・。

最後まで丁寧にやってれば食ったかも・・orz

その後も探るも人影を見られてしまったのか反応なし。

このあと水位的にはまだプラス1時間はできましたが、また用事へ向かわないといけないためここで納竿。

タマンはまだ小さいのでリリースしました。

 

・・これはまた来ないといけないですねー!

 

2019/3/21_ルアーでタマン62cm!クロヒラアジ51cm!

====================

■ Tackle data
□ ロッド
・ ダイワ モアザンエキスパート AGS 98ML

【詳細情報】https://amzn.to/33d3YuV
※遠投専用モデル

□ リール
・ シマノ サステイン C5000XG
【詳細情報】https://amzn.to/2OlVSrT

※高次元で両立した感度と剛性感!

□ ライン
・ スーパーファイヤーライン カラード 3号
【詳細情報】https://amzn.to/2FDeHoS

※ PE を超えた次世代の スーパーライン !

□ リーダー
・ デュエル ショックリーダー TB 7号
【詳細情報】https://amzn.to/2FFJwsX
※「魚が獲れる」 フロロカーボン ショックリーダー

□ ルアー
・ ジップベイツ スライドスイムミノー
【詳細情報】https://amzn.to/2X66mmW

□ フィッシュグリップ
・ DRESS グラスパー グラディウス
パープル/耐荷重10kg
詳細:https://amzn.to/2Fv3t4p

□ プライヤー
・ Umibozu フィッシングプライヤー
詳細:https://amzn.to/2JUkTfi

====================

Amazonアウトレット

さまざまな商品がアウトレット価格

アマゾンアウトレットにはいろんな商品があります!

釣具アウトドアバッグパソコン&周辺機器食品お米家電

Amazonアウトレットについては過去記事参照!Amazonアウトレットは本当にお得?Amazonアウトレットで実際に購入!

Amazonアウトレット商品は、Amazon配送センターの商品が対象ですのでプライム会員は送料無料!アマゾンプライムとは?

POSTED COMMENT

  1. ミヤギ より:

    はじめまして北部でルアーをメインでやってる者です。いつも楽しくブログ拝見させてもらいタックルの考え方や色々勉強させて頂いております。
    ペンシルでタマンを狙う際のレンジのイメージはどの辺を泳がすよう心がけていますか?
    また、タマンの付き場の判断基準等の推測と自分自身の実績とが合致せず、苦労しております。
    僕は基本的には、ウェーディングやボートでタマンを狙う際には、リーフとリーフの間の砂浜めがけてキャストし海底付近を引いてくるイメージで、狙うのですが、なかなか実績が出ずに悩んでます。
    もし宜しかったら何か、ヒントになるような事があれば教えていただけると幸いです。
    ウェーディングではまだタマンをゲットした事がなく今年の目標にしてますが未だ、ウェーディングタマンはゲットできてません。

    • gran.akamine より:

      はじめまして!いつも読んでくださってるとのことでありがとうございます!
      自分としてはまだまだ教えるような立場ではないと思っているのですが、
      お答えできる範囲でお返事させていただきます。

      タマンを狙うレンジですが、それはやはりボトム付近ですね。
      タマンの居場所に関しては1年を通して月ごとに釣れる地域が変化してくると思っています。
      例えば3月~6月頃に居付いている場所もあれば7~8月に居る場所もあります。
      そしてこれからの時期ですと日中は沖の深場に居ると思います。
      ですので、その時は居なかったかもしれませんが怪しいと感じる場所は間違っていない可能性もあるので、
      今後も時期をずらしながら根気よく調査してもいいと思いますよ!
      自分も一度はここには居ないと判断した場所が違う時期のタマンの付場でしたので。

      それではお互い良いタマンが釣れるようがんばりましょう!
      コメントありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)